知っておけばスムーズに施工が可能になる!?外壁塗装のミニ知識をご紹介

こちらのサイトは、外壁塗装のミニ知識をご紹介しているのですが、こちらで紹介している知識を得ておくと施工がスムーズにできるメリットに繋げることができます。
一般的に、天候が安定している時期に行うのが良いとされているけれども、台風シーズンでも施工ができないわけではありません。
ただ、台風のときなどは工事が中止になることもある点を把握することが大切ですし、塗装業者はこのようなときには特別な対策を行っていることも分かるようになっているので参考にされることをおすすめします。

知っておけばスムーズに施工が可能になる!?外壁塗装のミニ知識をご紹介

外壁塗装を始めたけれども、天気が安定しない季節にやったので当初よりも予定が長引いてしまった、このような経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
多少の雨なら作業ができる工程もあるけれども、塗装段階では塗料を塗った後に乾燥させる必要があるので雨が降っていると工事が延期になることも少なくありません。
ここでは、台風などのような自然の猛威があるときの対処法などにも触れているのでスムーズな外壁塗装工事に役立てることができます。

外壁塗装は台風シーズンは避けるべき?

毎年日本は、台風シーズンの時期があります。
一般的には夏が終わり冬にかけて起こることが多いですが、7月位から既に起こっていることもあるかもしれません。
沖縄県などは、7月から既に台風が発生している可能性があります。
このような時、果たして外壁塗装をするが問題になるわけです。
基本的に外壁塗装に関しては、屋外を行うものになりますので天候に左右されると言って良いでしょう。
結論から言えば、特にそのような時期であっても問題ありません。
ただ、その時期だからと言って必ず強い風が吹くとも限りません。
毎年この時期には来ていたけども、今年は来ないといったこともあります。
逆に、シーズンを外して到来する恐れがあるため、あまり予想をしても仕方がないことといえます。
それ故あまり気にすることなく、予約を入れてみましょう。
特にそのような時期の方が、他のお客さんがおらず予約が取りやすいかもしれません。
まずは連絡を入れてみることが大事になります。

外壁塗装を行うのに最適なシーズンはいつ?

今の時代、塗装の施工技術も高くなっており四季を通じていつでも外壁塗装をすることは可能です。
とは言えやはり、向き不向きのシーズンがあることは否めません。
どうしても雨が多い季節は、工事の期間が長引いてしまいがちです。
早くに予定通りに工事を終わらせたいのであれば、工事シーズンを選びましょう。
まず避けたいのは、梅雨時期や台風が多い夏の終わりです。
梅雨時期は雨が多いだけでなく湿度も高く、塗料がやや乾燥しにくいというデメリットがあります。
空気がカラッとしている時期のほうが、外壁塗装には向いています。
外壁塗装に人気の季節は、雨も少なく空気も乾燥しがちな11月です。
また梅雨前の5月も五月晴れで良い天気が続き、塗装もしやすいでしょう。
けれどもゴールデンウイークに工事をしたい人も多く、5月は予約が詰まっている業者も多いです。
早めに予約を押さえることがおすすめです。
雪深い地域でなければ、2月3月も塗装工事に向いています。

気温5度以下で湿度85%以上が外壁塗装の条件

外壁塗装に関することで気温5度以下、湿度85%以上といえば、いったい何の条件か気になるところではないでしょうか。
これらの数字は外壁塗装を避けるべき条件で、塗料が乾きにくく仕上がりにムラが生じる恐れがあるのが理由です。
気温が下がると塗料は水分の蒸発が遅くなり、期待通りの仕上がりにならなくなります。
気温が高くても湿度も高ければ同様に水分が乾きにくく、いつまで経っても手で触れられない状態のままです。
これでは外壁塗装工事が進められませんし、一向に作業が進まず終わらなくなってしまいます。
気温5度以下、湿度85%以上を避けて工事をするというのは、塗料の注意書きにもある基本的な内容です。
具体的な数字は塗料のメーカーや製品によっても異なりますが、多くはこれらの数字が設定されていますし、多少外れるにしても近い数字が設定されている場合が殆どです。
いずれにしても外壁塗装工事は気温や湿度が作業性、仕上がりに大きな影響を与えるので、無視せずしっかり守ることが大切ではないでしょうか。

外壁塗装は春や秋がベストシーズンで塗装会社も繁忙期を迎える

外壁塗装を検討しているのであれば、春や秋といった季節がベストシーズンになるのではないでしょうか。
塗装会社にはいわゆる閑散期と繁忙期がありますが、春と秋はまさに外壁塗装の相談がしやすく、予約が入れやすい季節となります。
理由はいくつかありますが、1つは塗料が乾きやすくて効率良く作業が進み、比較的短い工期で終わることが挙げられます。
また夏と比べて涼しいことも、作業効率を高めて早く終わる理由の1つになっています。
春や秋がベストシーズンとしてもやがて予約が埋まっていきますから、早めに外壁塗装業者を探したり問い合わせ、相談をして予約を済ませることが大切です。
繁忙期が本格化すると料金がアップするので、費用面においても早め早めの予約が肝心だといえます。
外壁塗装は避けて通ることができませんし、先送りすると外壁が傷んだりダメージが進行して建物にも影響が出始めるので、やはりベストなタイミングを狙って早く工事を始めてもらうのが正解ではないでしょうか。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装のミニ知識

こちらのサイトは、外壁塗装のミニ知識をご紹介しているのですが、こちらで紹介している知識を得ておくと施工がスムーズにできるメリットに繋げることができます。一般的に、天候が安定している時期に行うのが良いとされているけれども、台風シーズンでも施工ができないわけではありません。ただ、台風のときなどは工事が中止になることもある点を把握することが大切ですし、塗装業者はこのようなときには特別な対策を行っていることも分かるようになっているので参考にされることをおすすめします。

Search